引っ越し やること リスト

引っ越しのやることリスト|安い引っ越しをする手順

引越しやること

引越し 手順

引越し 順番

引越し 見積もり

引越し 準備

 

引っ越しのやることリスト

<引越し2〜3か月前>
・大家さんや不動産屋さんに引越しをする連絡をしましょう。

 

<引越し1〜2か月前>
・新居の住所が決まったら、引越し準備スタートです。
・持って行く荷物と処分する荷物を決めて、引越しする荷物の量を把握。
引越し業者に一括見積もりして、業者を決める。

 

<引越し2週間前>
・市町村役場に転居届け(市外転居の場合)・健康保険・年金などの変更届を提出する。
・電気・ガス・水道・電話会社に引越しすることを伝える。
・引越し後、郵便物が新居に届く手続きをしておく。
・荷造りや不用品の処分をしておく。

 

<引越し当日>
・引越し先のご近所に挨拶に行く。
・新居に荷物を運び入れる。
・旧居の掃除、ガスの精算と元栓を閉める、鍵の引き渡し。

 

<引越し後>
・新居の自治体に転入届け(市外からの転入の場合)か転居届け(同一市内の引越しの場合)を提出。健康保健や年金の手続き。
・運転免許証・パスポート・銀行・郵便局などのカードの住所変更。

 

引越しはやることがたくさんあって大変ですが、1つずつこなしていきましょう。

 

 

引っ越し料金を安くしよう

引越し業者を決めよう

新居が決まったらすぐに引越し業者を探しましょう。

 

引越しには何かとお金がかかります。
安かったり、サービスが良い引越し業者はどんどん予約が入りますので、まだ大丈夫と先延ばしにしないでくださいね。

 

引越し費用の相場や最安値が知りたいなら、複数の業者から見積もりを取りましょう。
今は無料で引越し業者一括見積もりサイトがあります

 

1度情報を入力するだけで、最大10社の見積もりを取ることができます。
サービスや料金を比較して、引越し業者に予約しましょう。

 

>>引越し一括見積もりはこちら<<

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し

安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

最初はやっぱり、良い引っ越し業者を見つけることですね。

良い業者とは

引越しするときの会社の選び方は、人によって違いますね。
大きく分けると、

1.お金は多少かかってもいいから、仕事をしっかりしてくれる会社を選ぶ人。
2.とにかく安くやってくれる引っ越し業者を選ぶ方。

 

評判を調べてみるとわかりますが、どの会社を見ても、
よい評判だけという引っ越し業者さんはないですよね。

 

だったら、
安く引っ越しをしてくれるところを見つけてから選ぶ
のが良いのではないでしょうか?

 

安くて作業をしっかりしてくれるのに
知名度がない引っ越し業者はたくさんあります。
もったいないですよね。

 

=>そんな引越し業者は一括見積もりで見つかります

 

 

 

@引越し業者にダンボールサービスがあるなら、送ってもらいましょう。
あまり使わないものからどんどんダンボールに詰めていきます。
ダンボールに何を入れたか記入をお忘れなく!

 

A引越し日までにゴミや不用品の処分をしておきましょう。
とりあえず新居にもって行こうとすると、その分の費用が無駄にかかってしまいます。
ゴミカレンダーを見て、計画的に処分しましょう。

 

B引越しが忙しくなるのは、2週間前です。
市役所に転出届を提出したり、電気・ガス・水道などをとめてもらったり、新居ですぐに使える手続きをします。
それぞれの会社に電話すれば、手順は教えてくれます。

 

C郵便局に引越しの連絡。
1年間は前の住所の郵便物が新居に転送してくれます。

 

Dそして引越し当日は、引越し業者におまかせください。
掃除をして大家さんにカギを引き渡せば、だいたい終了です。

 

E新居に引越したら、早めに近所にご挨拶に行きましょう。
そして2週間以内に市役所に転入届を提出、銀行や免許証の住所変更を行います。

 

大変な引越しですが、計画的に1つずつこなしていきましょう。

 

 

引越しの繁忙期と費用

 

引越しの時期

 

引越しは1年中いつでも同じ値段ではなく、繁忙期と通常期とがあるのです。

 

例えば同じ距離、同じ荷物の量で引越しをしても、繁忙期と通常期では値段が変わります。
繁忙期のほうが高いのです。

 

では繁忙期とは一体いつのことなのでしょう?

 

繁忙期はズバリ3月のことです。

 

3月は1年で一番引越しの件数が多くてどこの引越し業者も猫の手も借りたいほど忙しくなります。

 

日本は4月から新学期なので、新大学生が大学の近くに引越ししたり、新社会人が会社の寮に引越ししたりするのは3月になるからです。
そしてそれだけではありません。
多くの会社では春と秋に人事異動があって、春の人事異動がちょうど4月の新学期前に行われるのです。

 

春の人事異動で転勤の辞令が出たサラリーマンとその家族の引越しや、単身赴任をするサラリーマンの引越しもここに加わります。
これに通常の引越しも加わるわけですから、引越し業者は予約でいっぱいになるのも当然です。

 

これだけ多くの引越し理由があるのですから繁忙期は大忙しなのです。

 

もしもこの時期に引越しをしたり物を運ぶ場合は、早めに見積もりを取って引越し業者を押えておきましょう。